2日間の出張で車の運転500㎞!出張マッサージに助けられました!

世間ではどこもかしこも人手不足。僕が勤めている会社も例外ではありません。まさにその時の出張は人手不足が原因で2日間に500㎞も車の運転をしなければいけないという正に地獄のロードだったんです。
まず、初日が一番キツいスケジュールでした。予定する車の走行距離は実に300㎞を超えています。その日にまわるお得意先の数も5件というハードなものでした。なんとかスケジュールをこなしてビジネスホテルにたどり着いた時、僕の体はもう言う事を聞いてくれない状態になってます。とりあえず、僕は疲れた体を癒すために足を伸ばせる大浴場に行きました。お風呂から上がってマッサージチェアを使ったのですが、それでも疲れは一向に取れなかったんです。このままでは明日の車の運転にも支障が出てしまいますね。僕はボテルのエレベーターの中に貼ってあった出張マッサージの広告チラシを思い出し、もうこれに頼るしかないでしょという感じでフロントの人にお願いをしました。
出張マッサージをお願いしてから30分ほど経ち、僕の部屋にマッサージ師の人が来てくれました。見た感じ、何かスポーツでもやっていたかなという風情の男の人です。詳しくお話しを聞いてみるとやっぱり柔道の選手だったそうですよ。今では大学の柔道部でトレーナーもやってるというのでなんだか信頼が出来そうです。
早速マッサージをしていただきましたが、これが実に気持ちいい。マッサージ師の方の見かけとはうらはらにその揉み方は実に優しいもの。ゆっくりと丁寧に僕の体をもみほぐしてくれます。なんでもそのマッサージ師の人、施術を受ける人の体、そしてコリ具合などを見てマッサージのやり方を調節しているんだとか。今回の僕のように全身が疲れでぐったりしている時は、最初は優しく優しく揉みしだくのが効果的なんだそうです。こういう、人によってマッサージのやり方を変えてくれるのって本当に嬉しいですね。肩、背中、腰、そして両腕、両足と丁寧にマッサージを受けました。特に肩は長い運転で凝り固まっていたので、特別にお願いをして入念にマッサージをしてもらったんです。施術が終わった時、本当に体が楽になったのですが、特に驚いたのが翌日の朝です。前の日の疲れが全然残っていないんですよ。おかげでハードな2日目の出張も僕はなんとかこなす事が出来ました。いや、やっぱり長距離の車の運転で疲れた時は出張マッサージ、これ最高ですね。

ホームに戻る