歯科でできるホワイトニングで使用する薬剤についてや歯を削って行うホワイトニングについての解説

歯科のホワイトニングで納得の綺麗な歯に!

歯科のホワイトニングで納得の綺麗な歯に!

歯科でできるホワイトニングについて

歯科でホワイトニングする方法は、漂白剤を使って行う方法やクラウンやラミネートベニアで人工の歯を使ってホワイトニングする方法などがあります。
料金も一回数千円から数万円まで様々です。
歯科では、過酸化水素や過酸化尿素などのホワイトニング剤を歯に塗り、レーザーを当てて成分を活性化させて歯をホワイトニングしています。
これは、オフィスホワイトニングと呼ばれています。
発生する酸素の力で歯のエナメル質の色素が分解され白くなります。
過酸化尿素は過酸化水素と尿素が弱く化合したもので、徐々に過酸化水素になりますので、過酸化水素の作用と同じです。
また、保険適応外ですが、神経を抜いた歯のホワイトニングも歯科でおこなっています。


神経を抜いた歯は、時間がたつと黒ずんできてしまいますが、この場合も歯の中に過酸化水素のホワイトニング剤を入れて漂白できます。
歯を削ることになりますが、オールセラミックをかぶせて白くする方法も神経がない歯の場合は推奨されています。
薬剤では効果が期待できない変色や短期間に歯並びなども治したいという方は、ラミネートべニアもおすすめの方法です。
健康な歯を削ることになりますが、歯の表面のみを薄く削り、薄いセラミックを歯の表面に接着して白くする方法です。
歯の形や歯並びも調整することができます。
その他、市販のホワイトニング剤を買って、マウスピースを使って自分で行なうこともでき、ホームホワイトニングといわれています。
オフィスホワイトニングよりも低価格で手軽にできます。

健康・医療・歯科を今から調らべましょう

Copyright (C)2017歯科のホワイトニングで納得の綺麗な歯に!.All rights reserved.