歯科で受けるホワイトニングと自己流との違い、そして様々な場面での白い歯の必要性について書きました。

歯科のホワイトニングで納得の綺麗な歯に!

歯科のホワイトニングで納得の綺麗な歯に!

歯科でしてもらうホワイトニング

最近、歯のホワイトニング関連のコマーシャルがよく流れています。
それに影響され、自分も着色を防ぐ歯磨き粉や、消しゴムタイプの歯を白くする物を買って、毎日磨いています。
前よりはだいぶキレイになったと思うのですが、まだ黄ばみが残っているのが現状です。
友達で、歯科医に通って歯を白くする治療をしている人がいて、彼女が二回目の治療を受けた日に会ったのですが、はっきりと歯が白くなっているのがわかり、驚きました。
どういった治療なのか聞いたところ、歯にホワイトニング液を塗り、ライトを当てるだけだそうです。
痛いこともなく、時間もそれほどかからず、料金も思ったよりも安価だったと聞き、羨ましくなりました。
自分も頑張ってはいるのですが、消しゴムタイプで磨く時など、鏡で見える範囲しか磨けず、歯と歯の間などは消しゴムが入らないので黄ばみが目立ちます。

でも彼女の場合は、液とライトですから、隙間に入らないということがなく、歯全体が白く美しくなっていました。

彼女には来年就職を控えている息子がいて、彼も彼女に勧められて歯のホワイトニングを始めたそうです。
最近の面接では、歯並びや歯の黄ばみなどもチェックされることがあるそうで、就職試験のシーズンまでにキレイになるように、早くから歯医者に通い始めたらしいです。
受け答えだけでなく、笑顔や立ち居振る舞いをチェックされるのは知っていましたが、自己管理が出来ているかを判断するのに歯まで見るとは驚きでした。
確かに歯が白く美しい方が、爽やかで感じが良く見えるので、ポイントは高いと思います。
そう考えると、私立の学校へ入学したい人も、面接までに親子でホワイトニングをするのもいいのかなと思いました。
歯のホワイトニング、いろいろなメリットがありそうです。

健康・医療・歯科を今から調らべましょう

Copyright (C)2017歯科のホワイトニングで納得の綺麗な歯に!.All rights reserved.